私たちの想い

Our wish

 
 

TOP | 私たちの想い

日本の名産品と日本人のモノづくりの心をもっと世界の方々に知ってもらうために。

 

日本の伝統的な名産品の歴史や伝統、技術だけでなく、
作り手のモノづくりにかける情熱や細部へのこだわり、
職人の気質などの「モノづくりの心」は、日本人が元来備える
「おもてなしの心」や「相手を思いやる気持ち」が根底にあり、
それを使う人やいただく人のことを第一に考えているからこそ
究極まで突き詰められ、世界に誇る日本品質が出来上がったのだと感じます。
 
そういった日本人のモノづくりの心や製品の魅力を海外の方に伝え、
日本人への理解や共感を得るためのお手伝いがしたい。
 
私たちは純粋にそう考えて、この「プロダクトガイド」サービスを
開発しスタートさせました。
 
弊社の企業理念でもあります、
「ワクワクを発信して、感動を共有する。」の基本精神をもとに、
日本の作り手の「ワクワク」の発信をお手伝いし、
世界の方々と「感動を共有する」。
そんなサービスでありたいと考えています。
 
是非、世界に向けた情報発信のお手伝いをさせてください。

 訪日外国人旅行者は、旅行中の言語コミュニケーションに困っています

1.訪日外国人旅行者が旅行中に困ったこと


 

・「施設等のスタッフとのコミュニケーションがとれない」が最も多い
・「多言語表示の少なさ、分かりにくさ」にも困っている

2.多言語表示・コミュニケーションで困った場所

 

・「飲食店/鉄道駅/小売店」で多言語表示やコミュニケーションで困っている

3.多言語表示・コミュニケーションで困った場面


 

・飲食店では料理を選ぶ/注文する際に困っている
・小売店では商品の内容や使い方の確認や、商品を探す際に困っている

4.多言語表示・コミュニケーションに困った理由


 

・飲食店、小売店ともに表示言語数不足や多言語での記載量の少なさ、スタッフの言語スキル不足が困った理由となっている

 訪日外国人旅行者の中で、特に欧米人から日本ならではの
食品類・お茶・酒類・伝統工芸品などの購入意向が高くなっています。

<海外の消費者が持つ訪日旅行時の「コト消費」と「モノ消費」に関するニーズ>

※H.28 JNTO「訪日外国人旅行者の消費動向とニーズについて」レポートより引用

米国(NY・LA)

コト消費

人気の高い活動は、食事に関連する体験/地元の人との交流/自然景観鑑賞/博物館訪問 

モノ消費

購入するモノは、食品類/お茶/酒類/伝統工芸品
米、牛豚肉、スナック菓子、和菓子、緑茶、日本酒等を現地での消費用、土産用に購入
和服や伝統工芸品は日本でしか購入できないものとして人気、特に伝統工芸品は体験に関連した商品を購入する

フランス

コト消費

人気の高い活動は、特産品の飲食/地元の人との交流/美術館・博物館への訪問/旅館・温泉 

モノ消費

購入するモノは、お菓子/日本酒/伝統工芸品/和服・浴衣/文化関連の本・マンガ
文化、食事への関心が高く、和菓子や日本酒の購入率が高い。ウイスキーも好まれている。刀、焼き物、和風人形、折り紙等の伝統工芸品、和服や浴衣等がお土産として人気。 

中国(北京・上海)

コト消費

人気の高い活動は、自然景観鑑賞/旅館宿泊・温泉入浴 
30~40代の旅行者は、地元との交流、地域や技術・文化・歴史等を学べる博物館・美術館への訪問等、幅広い体験型アクティビティに興味

モノ消費

購入するモノは、日用品/化粧品にシフト。お菓子や紙おむつ、粉ミルク、目薬、シップ等の売れ行き急増。
ドラッグストアや大型スーパーへの購入にシフト。

プロダクトガイドが、ニーズの高い訪日外国人旅行者によるジャパンメイド製品購入時の、
言語コミュニケーションの悩みを解決する一助になれればと考えています。